読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learn to Live and Live to Learn

IT(たまにビジネス)に関する記事を読んで、考えて、使ってみたことをまとめる場。

Android オプションを付けてコンパイルする

概要

ビルド時にオプションを付けてコンパイルしてね,というエラーが出ました.

注意:一部の入力ファイルは非推奨のAPIを使用またはオーバーライドしています。
注意:詳細は、-Xlint:deprecationオプションを指定して再コンパイルしてください。

解決方法

buid.gradleを修正して再コンパイルすると詳細が見られます.

{$root}/buid.gradle

// ルートプロジェクトを含む全プロジェクトに適用
allprojects { 
    // 実行フェーズ開始前
    gradle.projectsEvaluated {
        // options.encoding = 'UTF-8'とかもこのちゅうかっこの中で指定できる
        tasks.withType(JavaCompile) {
            // オプション指定.uncheckedは未チェックなもの(*1),deprecationは非推奨なものを表示する
            options.compilerArgs << "-Xlint:unchecked" << "-Xlint:deprecation"
        }
    }
}

(*1)
こういう何の型が入るか定義されてないやつ.

ArrayList list = new ArrayList<>();

型チェックされたのはこういう状態.

ArrayList<Hoge> = new ArrraList<Hoge>();

参考